鍼灸師になるための学びの日々

人生の折返し地点で鍼灸師になることを決意。日々の学校の授業の内容を復習のためにブログに綴っていきます。

【経絡経穴概論】手の陽明大腸経

f:id:mikkun_0819:20190601121527j:plain

【陽明大腸経の五要穴】

原穴:臓腑の原気(元気)の状態が現れる

 →大腸の原穴:合谷

郄穴:急性症状

 →大腸経の郄穴:温溜

絡穴:慢性症状/表裏する経脈を同時に治療

 →大腸経の絡穴:偏歴

墓穴:臓腑の気が多く集まる(全て胸腹部)

 →無し

背部兪穴:五臓の疾病反応が出やすい(背中や腰。手足には無い)

 →無し


【陽明大腸経の五兪穴】

井穴:心下満(心窩部の膨満感や緊張)

 →大腸経の井金穴:商陽

滎穴:身熱(体の熱)

 →大腸経の滎水穴:二間

兪穴:体重節痛(身体が重だるく、関節が痛む)

 →大腸経の兪木穴:三間

経穴:喘咳寒熱(呼吸困難、喘息、悪寒、発熱)

 →大腸経の経火穴:陽渓

合穴:逆気而泄(逆気=のぼせ、而泄=漏らす)

 →大腸経の合土穴:曲池

 

f:id:mikkun_0819:20190601141438j:plain

・始まりは「示指外側端」
・終わりは「鼻翼外方」


1.商陽 LI-1(大腸経の井金穴)

f:id:mikkun_0819:20190601121632j:plain
陽 → 五音式体表だと「商」は肺経になる
陽 → 陰経から陽経に代わる場所ということで「陽」が使われる

井穴は「意識のない人を覚醒させる」意味もある

2.二間(じかん) LI-2(大腸経の榮水穴)
2つ目だから「二間」

f:id:mikkun_0819:20190601121640j:plain
滎穴は「身体の熱」に効くので、熱を冷ます効果がある。
顔面の熱や歯の痛み。鼻血など。

3.三間(さんかん) LI-3(大腸経の兪木穴)
3つ目だから「三間」

f:id:mikkun_0819:20190601121648j:plain
兪穴は「体重節痛」だから関節痛の痛みに効果がある。
40肩や50肩、手首、肘、肩、首の関節に良い。

4.合谷 LI-4(大腸の原穴、四総穴)
四総穴 → 面口・面目

f:id:mikkun_0819:20190601121656j:plain

痛みを止めるのに有効。昔はここに鍼を刺して麻酔代わりにしていた。

高血圧、耳鳴り、目にも良い。
顔に血が溜まっている時、ボーッとなっているときに鎮めてくれる。

5.陽渓 LI-5(大腸経の経火」穴
渓 → すき間

f:id:mikkun_0819:20190601121703j:plain

部位がタバコ窩(橈骨小窩)の陥凹部。

※陽渓、陽池(三焦経)、陽谷(小腸経)は手関節背側横紋上に並ぶ。
ひっかけ問題などでよく試験に出される!

6.偏歴 LI-6(大腸経の絡穴)

f:id:mikkun_0819:20190601121712j:plain

絡穴は表裏にある経絡にも効果があるから「肺」にも良い。
あと、慢性的疾患なので、便秘に効果的!

母指腱鞘炎に置鍼が良い
おしっこがうまく出なくてむくんでいる時など。

7.温溜(おんる) LI-7(大腸経の郄穴)

f:id:mikkun_0819:20190601121721j:plain

郄穴は急性の疾患に効果的なので、歯の痛み。特に下の歯を通っている経絡なので下の歯の痛みに効く。
口内炎など、お灸で4回行う。(偶数は取る。奇数は補う。)
肛門の疾患、痔にも良い。

8.下廉(げれん) LI-8

f:id:mikkun_0819:20190601121729j:plain

9.上廉(じょうれん) LI-9

f:id:mikkun_0819:20190601121737j:plain

10.手三里 LI-10

f:id:mikkun_0819:20190601121748j:plain
要穴ではないが、反応が出やすい。
ここに圧痛がある場合は、陽経かな?と疑える。

f:id:mikkun_0819:20190601121805j:plain

11.曲池 LI-11(大腸経の合土穴)
重要!よく使う
f:id:mikkun_0819:20190601121756j:plain
下に下げる、炎症を取り除くなどの効果がある。
のどの痛み、肩こり、頭痛、月経不順、皮膚の疾患、まぶたや目の周りがスッキリ!
合谷と同じ作用がある。

 12.肘髎(ちゅうりょう) LI-12
髎 → 骨のくぼみ 何かの角や窪みの時に使われる

f:id:mikkun_0819:20190601121813j:plain

13.手五里 LI-13
※深部に橈骨神経幹が通る

f:id:mikkun_0819:20190601121821j:plain

14.臂臑(ひじゅ) LI-14

f:id:mikkun_0819:20190601121831j:plain
臂 → 前腕
臑 → 上腕
なので、上肢全体に効く。五十肩にも良い。

15.肩髃(けんぐう) LI-15
※肩関節の目安!

f:id:mikkun_0819:20190601121841j:plain

肩関節の痛み、上皮の麻痺に効く。

16.巨骨(ここつ) LI-16
巨骨 → 鎖骨のこと

f:id:mikkun_0819:20190601121850j:plain

17.天鼎(てんけい) LI-17
18.扶突(ふとつ)LI-18f:id:mikkun_0819:20190601121900j:plain
部位:輪場軟骨と同じ高さ。胸鎖乳突筋の後縁
取り方:胸鎖乳突筋をはさんで、水突(胃経)と同じ高さにある

f:id:mikkun_0819:20190601122054j:plain

部位:前頸部、甲状軟骨上縁と同じ高さ。胸鎖乳突筋の前縁と後縁の間
取り方:甲状軟骨上縁の高さで、胸鎖乳突筋の前縁に人迎(胃経)、中央に扶突、後援に天窓(小腸経)が並ぶ。

※これらは試験的にとっても需要。名前と場所をしっかり覚える。
付近に5つくらい経穴があるため、ごちゃごちゃになりやすい。。

鍼の効果は絶大だが、内出血が起きやすい。
喘息や咳に効果はあるが、あまりやりすぎると発作がひどくなる。
呼吸器系にも良い。

19.禾髎(かりょう) LI-19f:id:mikkun_0819:20190601122107j:plain

※取穴が2通りある。
部位1:中溝中点と同じ高さ。鼻孔外縁の下方。
部位2:中溝の上から1/3と同じ高さ。鼻孔外縁の下方。
鼻の疾患に良い

20.迎香(げいこう) LI-20

f:id:mikkun_0819:20190601122117j:plain

※取穴が2通りある。

「香りを迎える」というところで、鼻の疾患や蓄膿症に効果的。
ほうれい線上なので、ほうれい線にも効果がある。

※「禾髎」からクロスして「迎香」へ
経絡がクロスするのはこの陽明大腸経のみ。特殊。

 

 

f:id:mikkun_0819:20190601122129j:plain


f:id:mikkun_0819:20190717114307j:plain

f:id:mikkun_0819:20190717114326j:plain

f:id:mikkun_0819:20190717114338j:plain

f:id:mikkun_0819:20190717114356j:plain