鍼灸師になるための学びの日々

人生の折返し地点で鍼灸師になることを決め学校に通い始めたものの、勉強は想像以上に大変。。授業で習ったことを復習用にブログに綴っています。あくまでも自分の復習用のため、先生のオリジナル教材や自分のノートの写メなど載せています。誤字脱字も多いため、ブログの内容は転用しないようお願いできれば幸いです。

【生理学Ⅱ-5】胸郭と上肢帯(鎖骨と肩甲骨)

胸郭とは、

胸椎(12コ)、肋骨(12対)、胸骨(1コ)で構成される鳥かごのような骨格。

1.胸骨(1コ)

胸骨柄、胸骨体、剣状突起からなる扁平骨

 ※胸骨柄はネクタイの結び目

f:id:mikkun_0819:20190517224530j:plain

 ・頚切痕:胸骨柄の上縁正中の切れ込み

鎖骨切痕:頚切痕の外側で、鎖骨との1対の関節面

肋骨切痕:胸骨柄から胸骨体の良縁に7対ある肋骨との関節面

胸骨角:胸骨柄と胸骨体の結合部で、出っ張りのある部分(両端には第2肋骨が連結

f:id:mikkun_0819:20190517225601j:plain

 

f:id:mikkun_0819:20190531225559j:plain

2.肋骨

・肋骨頭:肋骨の後端で、胸椎体と関節をなす

・肋骨頚:肋骨頭に続く細い部分

・肋骨体:肋骨頭に続く、やや太くなった部分

・肋骨結節:肋骨頭と肋骨体の移行部の外側面の膨らんだ部分(胸椎の横突起と関節をつくる)

肋骨角:肋骨結節の少し外側で肋骨体の弯曲度が急に変わる部分

f:id:mikkun_0819:20190517230542j:plain

 

・肋骨溝:肋骨体の下縁の溝で、肋間動静脈・神経が通る部分

 

f:id:mikkun_0819:20190517230953j:plain

真肋:第1~7肋骨は肋軟骨を介して胸骨につく

仮肋:第8~12肋骨は直接胸骨につかない

・肋骨弓:第7~10 肋軟骨が連結してつくる

・浮遊肋:第11,12肋骨は遊離しておわるf:id:mikkun_0819:20190517225916j:plain

※仮肋は11と12も含む!境目は第7肋骨。

 

長い骨の時は「」「」くびれている部分「」という3つの文字が入ることが多い。

 

上肢の骨格

1.鎖骨

・内側端は胸骨端と呼ばれ、胸骨柄と胸鎖関節をなす

・外側端は肩峰端(けんぽうたん)と呼ばれ、肩峰肩鎖関節をつくる

f:id:mikkun_0819:20190517232642j:plain

f:id:mikkun_0819:20190517231917j:plain

 

2.肩甲骨

・肩甲骨は逆三角形をした扁平な骨で、三角形の頂点部分を上角・下角・外側角という

・三角形の3辺は上縁・内側縁・外側縁という

 

肩甲下窩(けんこうかか)→骨盤剥がしで指を入れるところ

肩甲棘:背側面の上、約1/3で外上方に斜めに走る骨隆起

肩峰(けんぽう):肩甲棘 外側端の大きい扁平な突起

棘上窩(きょくじょうか):背側面 肩甲棘より上部

棘下窩(きょくかか):背側面 肩甲棘より下部

烏口突起:関節窩の上方から出る前方に曲がった突起

 

f:id:mikkun_0819:20190518104328j:plain

 
間接窩:肩甲骨外側角の、特に肥厚したくぼみ

関節上結節:関節窩の直上

関節下結節:関節窩の直下

f:id:mikkun_0819:20190518105406j:plain

 

肩甲切痕:上縁の烏口突起の基部にみられる切れ込み→神経の通り道

 

f:id:mikkun_0819:20190518105911j:plain

 

 
※左右の下角と下角を結んだところに胸椎の7番がある。

f:id:mikkun_0819:20190518110600j:plain

 

 

※「窩」がたくさんあるので、それぞれの位置をしっかり把握する!

・肩甲下窩 → 肩甲骨前面に位置する

・棘上窩、棘下窩 → 肩甲骨背面に位置する

・間接窩 → 肩甲骨の外側に位置する

 

f:id:mikkun_0819:20190518111632p:plain

 

f:id:mikkun_0819:20190518111903j:plain

 

※国試にもよく出るっぽい。

肩甲骨で体表から触られる部分はどこか!? → 「肩峰」

 

■もう一度、肩甲骨と鎖骨と肋骨、胸骨あたりをおさらい

f:id:mikkun_0819:20190518112729j:plain

 

f:id:mikkun_0819:20190531225933j:plain